fc2ブログ
『コードギアス反逆のルルーシュ Lost colors』のルルとライがひたすらイチャイチャしていればOKなサイトです。 えー、もろBLです(笑)

Argentino

コメント返事 | main | 猫化ライ連載のお知らせ
雨と猫と俺

猫ライ連載開始ーッ
本編は追記からどぞ



act.01 雨と猫と俺

 

 

「まいったな……」

 

俺は公園の木の下で雨宿りをしながら呟いた

久しぶりに散歩に出たら、急に雨に降られてしまった

通り雨なのだろう、と呑気に木の下に入ったが待つこと30分

一向に雨足は弱くならない

それどころか、逆に強くなっているようにも見えた

時間を気にして濡れて帰るか、時間を諦めて止むまで待つか

 

「……二択だな」

「みゃぁ」

「……っ」

 

自分の声に答えるような鳴き声に、思わず視線を辺りに巡らせる

が、それらしき影は見当たらない

気のせいか、と軽く落胆している自分がいて苦笑いが顔に広がる

最近、スザクとナナリーが付き合い始めた

二人は似合っていると思うし、スザクになら妹のナナリーを任せても大丈夫だと思っている

だが、少しさびしい

二人の時間に俺は所詮邪魔者

なんとなく、二人が居るときは割り込まないようにしていた

したがって、二人と過ごす時間は明らかに減っていた

今日散歩にでたのも、二人の時間を邪魔しては悪いと思って出てきたのだが、どうも俺は運が悪いらしい

 

「……ペットでも飼うかな」

 

少しは寂しくなくなるかもしれない、と本気で考え始めた時、それは落ちてきた

 

 

 

「ほわぁぁっ」

 

 

ぼとり、と頭の上に落ちてきた生温かいモノに情けない声が口を突いて出た

それに被さるように「みぎゃっ」という悲鳴が上がって、落ちてきたモノが猫であることに気付く

 

「な、なんだいきなりっ」

 

慌てて頭の上から猫を掴み上げ、目の前に持ってくる

持ってきた瞬間、なんで猫が上から、とか、猫ごときが俺の上に乗るな、といったような疑問や鬱憤は消し飛び、ほぅ、と感嘆のため息が口から漏れた

 

手触りの良い絹糸のような銀色の体毛

2つの澄んだ蒼瞳

しなやかな肢体と体躯

 

美しいと、純粋に思った

 

「みゃぁ」

 

可愛らしい鳴き声に、ついつい頬がゆるむ

 

「さっきの鳴き声はお前だったのか」

「みゃー」

 

言葉がわかるかのようにタイミング良く鳴く猫に、何故か手放しがたいものを感じた

首輪はついていないようだし、持って帰ってもいいだろうか

 

「お前、うちにこないか?」

「にゃうっ」

 

垂れていた尻尾が、くるりと丸くなる

喜んでいるようだ

 

「というか、本当に言葉がわかるんじゃないか、お前」

「にー」

 

丸くなった尻尾をふるふると左右に振る猫を、まぁ良いかと思い直して腕に抱えなおす

そっ、と背中を撫でると、「みぅー」と気持ちよさそうにしなやかな体躯を摺り寄せてきた

……可愛い

だらしなく緩む頬の筋肉を慌てて引き締め、木の下から出る

 

もう、雨は止んでいた

 

 

<アトガキ>

はい、シスコンから猫LOVEに転身してしまったルル-シュでした(笑)

ていうか猫の鳴き声って書いてて物凄く楽しいですっ

 

 

 

 

 

スポンサーサイト



テーマ:コードギアス 反逆のルルーシュ - ジャンル:アニメ・コミック

| 猫ライ | 21:42 | trackback:0commnet:0
web拍手 by FC2
コメント
コメントする














管理者にだけ表示を許可する

この記事のトラックバックURL
http://argentario.blog36.fc2.com/tb.php/14-1809a240
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
| ホーム |

プロフィール

SHENN

Author:SHENN
『コードギアス反逆のルルーシュ』が大好きです(笑)
趣味:アニメ観賞、ネットサーフィン、読書
ブーム:ルルライ小説、ライルル小説を読むこと

最新記事
アクセスカウンタ

現在の閲覧者数:

ブログパーツ

最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック

RSSリンクの表示
検索フォーム

コードギアス
カテゴリ
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード

QRコード

バナー

フリーエリア